/

埼玉県が緊急事態措置 外出自粛やイベント制限

新型コロナウイルス対策本部会議で発言する大野元裕知事(7日、埼玉県庁)

埼玉県は7日の新型コロナウイルス対策本部会議で、政府の緊急事態宣言発令を受けた緊急事態措置を決めた。県民の不要不急の外出自粛、イベントの人数制限を求めるほか、テレワークを通じ出勤者を7割減らすなどの目標を示した。期間は緊急事態宣言と同じ1月8日~2月7日とした。

埼玉県は新規感染者が7日に過去最多の460人を記録するなど、東京都などとともに感染が急拡大している。大野元裕知事は「極めて危機的状況だ。なんとしても感染拡大を抑止したい」と述べ、1カ月間の行動制限で感染爆発の阻止に全力を挙げる考えを示した。

緊急事態措置では飲食店などの営業時間短縮のほか、県民の午後8時以降の外出自粛、イベントの参加人数を5千人以下、または収容率50%以下に制限することなどを明記した。

県内事業者にはテレワークや在宅勤務の徹底、従業員への会食自粛の呼びかけなどを求める。美術館や映画館などの営業時間も午後8時までに短縮するよう要請する。

県立学校では感染対策を徹底しつつ、教育活動を継続すると規定した。部活動や授業での合唱や調理実習など、感染リスクが高い活動は原則として禁止する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン