/

この記事は会員限定です

フードロスなくせ 飲食店・スーパー・自治体が実践

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

まだ食べられるのに捨てられる「フードロス」を減らす取り組みが首都圏で盛んになっている。廃棄予定食材を使う飲食店が開業したほか、自治体も不要な食品の提供などを呼びかけている。環境意識の高まりや国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)などで持続的な社会への関心は高く、こうした動きはさらに広がりそうだ。

シェアキッチンなどを展開するWORLD(東京・中央)は11月、廃棄されそうな食材を使うレストラン「@...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1226文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン