/

甲府の陸上競技場、ジットに命名権

山梨県は7日、山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場(甲府市)のネーミングライツ(命名権)について、再充てんインクカートリッジ販売のジット(同県南アルプス市)を選定したと発表した。2021年3月1日からの5年間、「Jit リサイクルインク スタジアム」と名付けられる。

命名権料は年間2000万円で、ほかに競技場の看板や案内表示の変更費用などを負担してもらう。

県は行政改革の一環で、10年に命名権を初めて公募した。山梨中央銀行が応募し「山梨中銀スタジアム」と名付けているが、21年2月末で契約が終了する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン