/

清水聖士氏が出馬表明、維新擁立 衆院千葉13区

鎌ケ谷市の清水聖士市長は衆院千葉13区に出馬すると表明した

千葉県鎌ケ谷市の清水聖士市長は7日、千葉市内で記者会見し、次の衆院選に日本維新の会所属で千葉13区に立候補する意向を表明した。同選挙区を巡っては、自民党の白須賀貴樹衆院議員が緊急事態宣言中の午後8時以降に都内の飲食店を訪問した責任を取り離党し、次の衆院選に立候補しないと表明していた。

清水氏は「自民党の県議から話はあったが、自分の政策の背骨は行財政改革で、維新の会の身を切る改革と方向性が合致すると考え、去年の秋から冬頃に維新所属を決めた」と説明した。市長辞職の時期については「新型コロナウイルスのワクチン接種が一区切りしてから判断する」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン