/

そごう・西武、武蔵小杉に「デパ地下ショップ」

そごう・西武は7日、武蔵小杉駅近くの商業施設「グランツリー武蔵小杉」(川崎市)に、百貨店の地下食品売り場などで販売している商品を扱う「西武武蔵小杉ショップ」を28日に開業すると発表した。コロナ禍で百貨店に出かけにくい中、近隣の住民の需要を取り込む考えだ。

グランツリー武蔵小杉の1階に食を中心としたショップを出店する(写真はイメージ)

新たな売り場は同施設1階で、広さは120平方メートル。西武池袋本店に入っている洋菓子の「アンリ・シャルパンティエ」や和菓子の「源吉兆庵」など、食品25ブランド(約200品目)をそろえ、人気スイーツの日替わり販売会なども実施する。食品以外にタオルやせっけんなどのギフト商品を扱い、中元や歳暮の注文も受け付ける。

同施設は同社の持ち株会社セブン&アイ・ホールディングスが運営する。そごう・西武は2014年のオープン時に衣料品を中心とした売り場を2階に設けたが、収益が上がらず撤退していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン