/

常陽銀行が事業承継ファンド 株取得など支援

常陽銀行は中小企業の事業承継を支援するファンドを設立したと発表した。承継先の株式取得に加え、経営能力を持つ人材の派遣など多様なニーズに対応する。投資子会社の常陽キャピタルパートナーズ(水戸市)が運営する。

新設したのは「常陽事業承継ファンド」で、常陽銀が20億円を出資した。

茨城の中小企業でも経営者の高齢化が進み、事業承継が課題になっている。ファンドでは後継者候補が不在の経営者が事業承継を進める場合、一時的に株式を取得。代わりとなる経営者を招いたり、新事業の立ち上げや人材育成を支援したりし、経営者不在の期間が生じることなく後継者を探せるようにする。

後継者が経営を引き継ぐ際に株式が分散していた場合、ファンドが株式の集約を進める。買い取り金額が多額で承継が難しいなど、多様な課題の解決を後押しする。規模の大きな案件などの場合、常陽銀のコンサルティング営業部アドバイザリーグループと連携する。

常陽銀は1日、県内企業の事業再生ファンドを手掛ける、いばらきクリエイト(水戸市)の全株を取得し、常陽キャピタルパートナーズに社名変更した。同社ファンド事業部の田所篤部長は「地域の産業・雇用を守ることにフォーカスして事業譲渡を後押ししたい」としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン