/

この記事は会員限定です

コロナで加速した「脱・店舗主義」、横浜銀行 DXカギ 

横浜銀 100年の船出(中)

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染第1波が襲った5月、横浜銀行の各店舗には行列ができていた。在宅勤務中に休眠預金の引き出しなど普段はできない用事を済ませようとする人が増え、本部から応援を派遣することもあった。「非対面チャネルをすぐに作らなければ」(デジタル戦略部の本山貴康副部長)。コロナを機に「脱・店舗主義」に向けギアが上がった。

「まだ店頭でしかできないトランザクション(手続きや処理)が多すぎる」――。大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン