/

JR東日本、テレワークプランのホテルを追加 

JR東日本は10日から、都内2軒の「ホテルメトロポリタン」でテレワーク用プランを始める。同社は6月から関東地方にある14のJR東日本ホテルメッツでテレワークプランを実施しているが、テレワーク需要の高まりを受けて追加する。

追加するのは池袋のホテルメトロポリタンと飯田橋のホテルメトロポリタンエドモント。午前9時から午後7時までシングルルームを借りるプランとなる。通常料金は税別8100円だが、2021年1月末までは同6300円で提供する。駐車場料金は無料。

JR東日本は個室型ブースなどを駅構内に設置しテレワークに活用する「ステーションワーク」事業を展開中。ホテルプランは同事業の提携事業となるため、利用にはステーションワークの会員登録が必要となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン