/

この記事は会員限定です

宮城の出生率低迷、ポスト復興の課題に 地域差大きく

[有料会員限定]

宮城県の2019年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に生む子どもの推定数)は1.23と過去最低で、東京都に次ぐ全国ワースト2位に沈む。新型コロナウイルス禍に伴う出生数の減少も懸念され、日本産科婦人科学会によると、宮城の20年10月~21年3月の分娩予約数は前年同期に比べ6%減った。出生率の回復は東日本大震災からの「ポスト復興」に向けた課題として重く残る。

岩手(1.35)、福島(1.47)と比べて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1379文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年へ

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン