/

この記事は会員限定です

「細い木」家具で価値2倍に キャンプ場のきたもっく

[有料会員限定]

キャンプ場を運営するきたもっく(群馬県長野原町)は、地元産の細い広葉樹木材を使った家具作りに挑む。使い勝手が悪いため、これまでは単価の安いバイオマス発電の原料などにしか使い道がなかった。老舗家具メーカーの飛騨産業(岐阜県高山市)と協業し、付加価値の高い椅子に加工して販売する。

直径がおおむね30㌢㍍以下の原木は「小径木(しょうけいぼく)」と呼ばれている。製材する過程で曲がったり、割れてしまったりし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン