/

この記事は会員限定です

宇都宮市、中心部の来街者情報を店舗に配信

[有料会員限定]

宇都宮市は中心市街地の通行人数や性別・年代などを自動で計測して、飲食店などの集客に役立てる実証実験を始める。飲食店は自動で送られてくる通行量などのデータをもとに、商店街などのデジタルサイネージに割引クーポンや店内の空席情報などを表示できる。市は実験を通じて集客効果を見極める。

デジタルサイネージは商店街のオリオン通りと二荒山神社前のバンバひろばの2カ所に設置した。このほか、性別や年代を画像から判断...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り283文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン