/

KDDI、ソフト開発のフラーや新潟大と起業家育成で連携

KDDIは7日、ソフト開発のフラー(新潟市)や新潟大学と起業家育成の「生態系(エコシステム)」形成の共同研究に取り組むと発表した。高速通信規格「5G」や県内の若手経営者らの地域情報網を活用し、起業・創業の活性化を目指す。

KDDIとフラー、新潟大学は起業家育成に向けた共同研究を始める(7日、新潟市)

共同研究ではKDDIが県内のインキュベーション施設などで進める5G拠点と東京をつなげた遠隔教育や、新潟大や地域企業の技術を起点とした起業家育成の教育モデル構築を目指す。新潟大で起業家の考え方や育成過程を研究する伊藤龍史准教授は「学生が起業意思を発信する環境は整ってきた。KDDIの全国ネットワークの活用やフラーという成功例をモデルに、次は事業を実現し継続する状態にしたい」と意気込む。

また同日、KDDIとフラーは地方創生を推進する業務提携を結んだ。1月中にKDDIから新潟の企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に向けたフラーへの出資も予定する。

KDDIの松野茂樹理事は「ものづくりの現場など人手不足解消に向けた業務効率化は重要だ。フラーが持つ地域との接点を通じて課題解決につなげ、新潟をモデルとしたDX推進施策を全国に展開したい」と話す。フラーの渋谷修太会長は「KDDIはベンチャー企業を支える圧倒的なアセットを持つ。今までもビジネスコンテストなどで連携してきたが、引き続き取り組みを加速させる」とした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン