/

この記事は会員限定です

「鶏卵王国」茨城なお厳戒 鳥インフル、殺処分完了

[有料会員限定]

鶏卵の最大産地、茨城県で鳥インフルエンザが確認されてから1週間。県は城里町の養鶏場で飼育していた約84万羽を対象とする殺処分を8日に完了した。だが県内の関係者に与えた動揺は大きく、長引けば市況や輸出への影響も懸念される。

県は2日時点で殺処分に10日間近くかかる見通しを示していたが、自衛隊に続いて土日に農林水産団体や県建設業協会、城里町消防団に協力を要請し、8日午前11時すぎに完了した。10㌔㍍圏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り557文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン