/

浦安市初のトンネル道、8日開通 TDR渋滞緩和へ

オリエンタルランドの敷地内に8日開通するトンネル道路

オリエンタルランドが運営する「東京ディズニーリゾート(TDR)」の敷地内で、浦安市初のトンネル道路が8日に開通する。トンネル道路は来園客用の駐車場の退出路として建設した。地上部分の土地を有効活用し、駐車場から退出する際の混雑を緩和する狙いがある。開発担当者によると、同市は埋め立て地が多く、高低差も少ないため今までトンネル道路がなかったという。

完成したトンネルが7日、報道陣に公開された。トンネル道路は、「東京ディズニーシー」の新エリアとして2023年度開業を目指している「ファンタジースプリングス」開発の一部で、トンネル部分は約330メートル、アプローチ部分を含めると全長約500メートル。

「東京ディズニーランド」の駐車場の退出路の一つとして、モノレールと並行して地下を通る。トンネル道路の完成によって退出口が従来より一つ増えた。地上部分や、もともと使っていた退出口はディズニーシーの新エリアの一部として今後工事を進める計画のため、トンネル道路を先に完成させた。

開発を担当したオリエンタルランドの八重樫勇人・第8テーマポート建設部長は「埋め立て地なので地盤改良工事をしたり、モノレールが近いため橋脚に配慮して採掘工事したりした」と建設作業を振り返った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン