/

茨城・那珂、移住推進へ複合施設 相談窓口を併設

茨城県那珂市は移住を総合的に支援する複合施設「いぃ那珂オフィス」を開設した。施設内には仕事や住まいの相談にワンストップで対応する窓口「いぃ那珂IJU-Labo(移住ラボ)」を併設した。サテライトオフィスやコワーキングスペースも整え、UIJターンやテレワークの移住希望者に対応する。

「IJU-Labo」では地域おこし協力隊の支倉さんも移住相談に対応する(那珂市)

同市商工会2階から移転した教育支援センターの空きスペースを改修し開設した。会議室2部屋、4席利用できるデスク室1部屋のほかキッズルームも用意した。

「いぃ那珂オフィス」では4席分の貸しデスクスペースも用意した

相談窓口はオンライン中心で事前予約制(週2日は対面で対応)。移住相談員や企業支援コーディネーター、地域おこし協力隊が対応する。川崎市から移り住んで二拠点生活を始め、4月から協力隊に加わった支倉泰司さんは「地域の人が小商いできる環境づくりから始め、段階を踏んでお手伝いしたい」と語る。

東京23区などから移住してテレワークで業務を続ける人に対する国の支援金に加え、同市はこの支援金の対象者が市内で住宅を取得した場合の助成制度などを設けている。これらの条件を全て満たせば世帯の場合、最大で計170万円の支援を受けられるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン