/

この記事は会員限定です

しんふーず、独自のおかゆで医療・介護分野など開拓

Bizブックマーク

[有料会員限定]

食品加工・包装を手掛ける、しんふーず(栃木県益子町)が独自開発の装置を使って製造したおかゆ商品で、医療、介護分野などの開拓を進めている。お湯を加えるだけで簡単におかゆになり、炊きたてのごはんの香りがするのが特徴だ。自治医科大学の教員が試験的に採用した。

新商品の「白がゆ」はコメを加圧加熱によって膨化(パフ化)させて製造する。このため軽量だ。袋に入った30㌘の商品は130㍉㍑のお湯を加え、スプーンで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン