/

山梨県と富士吉田など6市町村、コロナ対応で緊急会議

山梨県と富士吉田など富士北麓地域6市町村の首長が6日、新型コロナウイルスの感染者急増を受けて緊急のウェブ会議を開いた。この2週間は県内の感染者の5割以上が同地域に集中していることを踏まえ、県と6市町村は感染対策の徹底などを求める緊急共同メッセージを出した。

山梨県と富士北麓地域の6市町村が新型コロナに関する緊急会議を開いた(6日、山梨県庁)

長崎幸太郎知事は「第3波の勢いが増しており、新規感染者が急増している。県と富士北麓6市町村の連名で、感染防止対策の取り組みをより強く呼びかけたい」と述べた。

メッセージでは、家族以外とは大人数・長時間の飲食を控え、別々に暮らす家族や親族との飲食も「今は我慢してください」と呼びかけた。また、会食する場合は感染対策に関する県独自の「やまなしグリーン・ゾーン認証」を取得した店舗や休業協力要請を個別に解除した店舗を利用するよう求めた。

会議では、富士吉田市の堀内茂市長から、感染状況を正確に把握するため市町村別に感染者数の公表をするよう求める意見が出され、長崎知事は「今後は市町村単位で公表していきたい」と述べた。

会議には山梨県と富士吉田市のほか、西桂・富士河口湖の2町、忍野・山中湖・鳴沢の3村の首長が参加した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン