/

コバテクノロジー、銀の抗菌水溶液を10倍に増産

自動車の販売店など企業にも一部販売する

環境関連装置メーカーのコバテクノロジー(浜松市)は、抗菌効果のある銀イオン水溶液「nikolun(にこるん)VG」を5月上旬から増産する。外注も含めて生産量を約10倍に高め、販売エリアを静岡県から関東や九州に広げる。

2020年に発売したにこるんVGは銀やプラチナのほか、数種類の物質を精製水に溶かした水溶液。抗菌作用のあるイオンを発生するため、室内で噴霧して使うと有効だという。浜松医科大学医学部との共同実験では、インフルエンザウイルスを9割ほど不活性化した。ノロウイルスや大腸菌でも効果を確認済みだ。銀の粒子はアルコールなどと比べて長い期間残るため、効果が持続しやすいという。

需要の高まりに対応し、100㍉㍑のボトル入りを1日に2400本程度生産できるようにする。大きさの異なる製品も近く発売する。代理店を通じて薬局や雑貨店などで販売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン