/

この記事は会員限定です

CEHDが駅探と提携解消、全株を投資会社に売却へ

[有料会員限定]

CEホールディングスは6日、約31%を保有する持分法適用関連会社の駅探の全株式を投資会社のボールドインベストメント(東京・港)に売却し、2012年から続く資本業務提携を解消すると発表した。

病院向け電子カルテ大手のCEHDは医療情報と交通サービスの連携事業の実現を目指して駅探と資本提携していたが、20年5月に「取締役によるパワハラ」などを理由に駅探の全取締役の解任を株主総会で提案。独自提案の取締役が選...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り288文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン