/

郵便局に事務包括委託 茨城県石岡市、出張所廃止で

石岡市と日本郵便は、郵便局での行政事務取扱の開始式を開いた(4月5日、石岡市)

日本郵便は、茨城県石岡市の郵便局1カ所で市の事務の包括受託を開始した。戸籍や住民票などの証明書交付のほか、飼い犬の登録など7業務を取り扱う。石岡市が近隣地区の出張所を3月末に廃止したのに合わせて、住民サービスの低下を防ぐため一部事務を郵便局に委託した。

5日から瓦会(かわらえ)郵便局が受託を始めた。市は瓦会地区の隣にある人口約2000人の恋瀬地区で、維持コストに見合うだけの利用件数がなく出張所を廃止。地域ニーズに合わせて自治体の業務受託に取り組む日本郵便が受け皿となった。

日本郵便関東支社管内では2020年11月に受託を始めた茨城県大子町に続き2例目。同町では3つの郵便局で、証明書交付のほか、国民健康保険や介護保険に関する申請受付などを取り扱う。全国では8例目。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン