/

この記事は会員限定です

車両の「里帰り」に尽力 小田原路面電車協会の小室氏

ひと輝く

(更新) [有料会員限定]

神奈川県小田原市で3月に開業した観光拠点「箱根口ガレージ」に、ひときわ目立つ鮮やかな水色の路面電車がある。かつて箱根登山鉄道の路面電車で使用された「小田原市内線モハ202号」だ。小田原路面電車協会の小室刀時朗会長(65)が中心となり、長崎電気軌道からの里帰りを実現させた。

この車両は箱根登山鉄道の小田原市内線が廃止になった後、1956年に長崎電気軌道に譲渡され、2019年に長崎で廃車となった。小田原で鉄道の歴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン