/

この記事は会員限定です

東京・中央区保健所所長「マスクない会話で感染注意」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染者数が一向に減らず、都内の保健所は年末年始を含めて多忙が続いている。中央区保健所の山本光昭所長に保健所の実情と課題について聞いた。

――年末年始の業務はどうでしたか。

「感染症対応のグループは通常と変わらず勤務した。中央区は2020年5月にPCR検査センターを開いたが、21年1月2日に1日90件と検査件数が過去最高になった。元日は2日午前1時まで疫学調査や入院調整などに追わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン