/

島根知事、聖火リレー実施容認 条件付きで中止撤回

聖火リレーについて記者会見する島根県の丸山知事(6日午後、東京・平河町)=共同

島根県の丸山達也知事は6日、県内で5月に予定している東京五輪の聖火リレーについて条件付きで実施を認めると表明した。大会組織委員会の関係者や島根選出の国会議員らと同日会談し、観衆の「密」を避ける対策を取ったうえで実施を検討していると伝えた。

丸山氏は東京都や政府の新型コロナウイルスへの対応を疑問視し、2月に聖火リレー中止を検討すると表明。五輪の開催自体にも反対の考えを示していた。

中止方針を見直した理由として、飲食店への支援拡充を含む政府によるコロナ対策強化などを挙げた。丸山氏は6日の記者会見で、飲食店への支援を含む補正予算の編成を求める声が与党内にあることに触れ「リレー中止の判断がマイナスの影響を与えかねない」と述べた。

島根県での聖火リレーは5月15、16日に予定されている。丸山氏は感染防止対策を徹底したうえで、予定通り実施する方向で検討する考えを示した。

6日夜に記者団の取材に応じた組織委の布村幸彦副事務総長によると、同日夕の丸山氏との面会ではスポンサー車両が参加しない形でのリレー実施▽グッズの配布取りやめ▽スポンサー車両の音量低下――の3点を要望されたという。

このうちスポンサー車両の参加とグッズの配布は、組織委から必要性などを説明し「理解を頂けた」(布村氏)。スポンサー車両の音量については今後調整を図っていくとした。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン