/

この記事は会員限定です

エスパルス大熊氏、地域とともにアジア目指す

静岡 焦点この人に聞く

[有料会員限定]

サッカーJ1リーグ清水エスパルスは2020年シーズンを18チーム中16位で終えた。大熊清ゼネラルマネジャー(GM)に、未曽有のコロナ禍での昨シーズンを振り返るとともに新シーズンに向けた抱負を聞いた。

――20年1月に運営会社の社長、GM、監督が全員交代しました。

大熊GM「J1で勝てる組織を作るのは簡単ではない。強みと弱みを把握し切れていない(短い期間)でチームを作るのは容易ではなかった。ピーター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン