/

新宿山ノ手七福神めぐり 都心で幸せ祈願

おでかけスポット

毘沙門天がいる善国寺(東京・新宿)

東京・新宿で思い浮かぶのは高層ビル街や歌舞伎町など繁華街。そんな都心で幸せを願って寺社を巡拝するのが「新宿山ノ手七福神めぐり」だ。移動は公共交通機関が便利で、最近は新年に限らず街歩き感覚で訪れる人も多い。新型コロナウイルスの感染拡大が続くが、ネットでも観光や歴史の情報を集められる。

長寿、商売繁盛、家内安全など様々なご利益があるとされる七福神めぐりは室町時代、庶民の間で広がり始めたとされる。東京都内にもいくつか七福神めぐりがあるが、新宿のコースは寺社が駅から近く、知らなかった歴史も学べる。

都営大江戸線、牛込神楽坂駅から歩いて7分程度で着くのが「毘沙門天」がいる善国寺だ。近所に住む人なのか、門前で少し立ち止まって手を合わせる買い物袋を抱えた女性の姿も。

善国寺の毘沙門天像は加藤清正の守り本尊だったとも、土中より出現したともいわれ、明治・大正時代は都内でも有数の信仰地としてにぎわったと伝わる。

善国寺は明治・大正時代には都内でも有数の信仰地としてにぎわったとされる

大江戸線の1つ隣の牛込柳町駅から数分の場所にあるのが「大黒天」の経王寺。比較的、小さな寺だ。度重なる火災にも像が焼失しなかったため、防災の「火防せの大黒」としてあがめられる。

さらに隣の若松河田駅に移動。歩いて8分程度で、車の往来が激しい大きな交差点の一角にある「弁財天」の厳嶋神社に着く。そこから5分ほどの場所に「寿老人」の法善寺、「福禄寿」の永福寺がある。3つの神様に短時間に出会える。

永福寺から新宿方面に向かうと「恵比寿神」の稲荷鬼王神社がある。ここは日本有数の繁華街、歌舞伎町。新宿御苑方面に足を運び「布袋尊」のいる太宗寺がゴール。

新宿観光振興協会はウェブで寺社を紹介するほか 無料でダウンロードできる地図もある

神様の像を原則公開していなかったり、開帳の時期を限定したりする寺社もある。新宿観光振興協会ではネットで七福神にまつわる詳しい歴史などの解説を紹介するほか、ガイドマップがダウンロードできる。密に注意を払って3~4時間程度回るだけでも御利益がありそうな気がする。

(近藤英次)

アクセス 毘沙門天の善国寺は都営大江戸線牛込神楽坂駅から徒歩7分程度、JR・東京メトロの飯田橋駅からは10分程度

開寺時間 原則、日中は開いているが、時間は変更することも。

入場料 無料

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン