/

この記事は会員限定です

前橋市、民間委託で新方式を導入へ 第1弾はまちづくり

[有料会員限定]

前橋市は、民間資金を活用した成果連動型の民間委託方式を導入する方針だ。「ソーシャル・インパクト・ボンド」(SIB)と呼ばれる仕組みで、民間の資金と知恵を活用して行政サービスを向上させるのが狙い。まず、2021年度にはまちづくりの勉強会開催などで検証していく。先端技術で地方活性化などを目指す「スーパーシティ(SC)」の計画実現でもSIBを活用する計画。

まず、市がSIBの活用を想定するのはまちづくり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン