/

この記事は会員限定です

福島の医療機器開発センター、国立のがん研究拠点と連携

[有料会員限定]

医療機器の実験施設を運営する「ふくしま医療機器開発支援センター」(福島県郡山市)は、国立がん研究センターと医療機器の開発や人材育成などで連携する。これまで大学と連携することで施設の知名度と企業の利用を高めてきた経緯があり、最先端のがん研究で知られる国立研究機関と協力関係をつくり業容の拡大に弾みをつける。

国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)と「医療機器開発の支援に関する協定」を結んだ。研究機関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り670文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン