/

この記事は会員限定です

首都圏自治体、病床・医療人材確保へ財政支援

[有料会員限定]

首都圏の1都3県が新型コロナウイルスの患者向けの病床確保を急いでいる。病床確保がスムーズに進まないため、病院に財政支援したり、コロナ専用病院を整備したりして病床を確保している。病床を増やす一方、新規感染者を抑え込み、病床使用率の引き下げをめざす。

病院は一般の患者とコロナ患者を受け入れるエリアを分ける「ゾーニング」など院内感染対策が欠かせず、東京都は都立広尾病院(渋谷区)などでゾーニングを採用して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン