/

この記事は会員限定です

エプソン小川社長「新興国の需要回復、景気に明るさ」

信越経済 針路を聞く

[有料会員限定]

――社長就任初年度の2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により厳しい1年になりました。

「大変だったが、これまでの事業方針を大きく変える必要はないということもわかった1年だった。これまでも、1カ所で大量に生産したり印刷したりしていたモノが将来的に分散していくと想定してきた。環境に対する意識や持続可能な社会の重要性に対する認識の高まりも含め、(その実現が)新型コロナでぐっと近づいてきたと思う」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン