/

この記事は会員限定です

しなの鉄道・春日社長、軽井沢遊休地「長期滞在施設も」

信越企業 針路を聞く

[有料会員限定]

――2020年の新型コロナウイルス禍で、鉄道事業は大きな打撃を受けました。

「19年は台風19号災害で一時運休したこともあり、20年の年頭では災害を乗り越え良い年にしていこうと話していた。また、同年に控えていた車両更新や軽井沢の(遊休地の)開発もしっかりとやっていこうと言った」

「だが(コロナで)3月ころから雲行きがおかしくなった。ゴールデンウイークや8月、年末年始などかき入れ時にコロナの感染が拡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り994文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン