/

アズビル 神奈川・藤沢の技術開発拠点に新棟

空調や計測制御機器を手がけるアズビルは、神奈川県藤沢市にある技術開発拠点「藤沢テクノセンター」敷地内の老朽施設を取り壊し、新棟を建設する。約75億円を投じ、2023年3月に稼働する予定だ。ビルの空調管理や工場の自動化に使うセンサーやシステム製品の開発を強化する。

新棟には先進的な実験作業環境を整備し、研究開発を推進する。研究開発期間の短縮、開発投資コストの縮減も期待する。新棟建設に対しては藤沢市が「企業立地等事業計画」に認定し、優遇措置として固定資産税や都市計画税を5年間、半分に軽減する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン