/

この記事は会員限定です

「水素エネルギー、身近に」 トヨタ事業参画で福島県知事

[有料会員限定]

トヨタ自動車が福島県での水素事業に参画する方針を示したことを受け、同県の内堀雅雄知事は5日、トヨタの持つ燃料電池車(FCV)の使用などを通じ、「水素エネルギーがより身近になる」との認識を示した。

トヨタの豊田章男社長は同日、世界最大級の水素製造設備を備える「福島水素エネルギー研究フィールド」(福島県浪江町)を視察。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り149文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン