/

この記事は会員限定です

震災10年でインフラほぼ復旧 水産加工は苦境続く

(更新) [有料会員限定]

東日本大震災の被災地では生活の再建が進み、道路や港湾などのインフラ復旧が総仕上げに入っている。製造品出荷額は震災前を上回る水準に回復したが、津波の打撃が大きかった水産加工業は苦境が続き、観光産業も新型コロナウイルスの影響で窮地に立たされている。各分野の復興状況をデータから読み解く。

仮設住宅入居2000人未満に

震災直後、全国で約47万人に及んだ避難者の数は2021年2月8日時点で4万1241人と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2372文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン