/

埼玉県の飲食店の時短、12日から県全域に

埼玉県は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、12日~31日まで県内のバーやカラオケ店などを含む全ての飲食店に対し、営業時間を午後8時までに短縮するよう要請した。酒類の提供は午後7時まで。県民に対しては午後8時以降の外出自粛を要請する。

11日まで営業時短を要請しているさいたま市大宮区と川口市、越谷市の酒類を提供する飲食店などに対しては、8~11日も閉店時間の繰り上げを求める。これまで要請していた午後10時までから午後8時までに変更し、酒類の提供は午後7時までとするよう要請する。

県民には夜間の外出自粛のほか、仕事や受診などを除き東京都との往来をできるだけ控えるよう求めた。事業者には在宅勤務や時差出勤の徹底、従業員への会食自粛の呼び掛けを要請する。

大野元裕知事は「引き続きのお願いで大変心苦しいが、感染爆発を食い止めるためにもぜひ協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン