/

コロナで商店街有志が福袋、イベント中止で企画 山形市

山形市の商店街有志が「想い合う七日町福袋」の予約販売を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で新年のイベントが相次ぎ中止・延期となるなか急きょ企画。約4000円相当を税込み3240円で販売する一方、飲食店の前売りチケットもセットにして、前払いで店に現金が入るようにした。

山形市の商店街有志が予約販売を始めた福袋

小売店・飲食店の店主らで作るグループ「ぐるっと廻(まわ)って七日町」が事前予約の受け付けを始め、14日から1カ月間、希望する店で引き取る。老舗和菓子店「佐藤屋」の梅しぐれや、防災グッズ店「西谷」の非常食など5店の商品と、飲食3店の1200円分のチケットを盛り込んだ。

市内では新春恒例の初市が中止となり、同グループが23日に予定していた真冬の露店とスタンプラリーも延期を決めた。「客足は驚くほど落ちて厳しい状況だが、自粛する気持ちもわかる」(事務局)といい佐藤屋の通販サイトで扱う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン