/

この記事は会員限定です

中心市街地の商業、垣根を越える 松本パルコ・伊藤店長

コロナ1年 キーパーソンに聞く(3)

[有料会員限定]

中心市街地の商業者が苦境に立たされている。郊外の大型商業施設やネット通販との競合に、新型コロナウイルス禍が拍車をかける。長野県松本市の中心部にある松本パルコは周辺の商業者や商店街などとの連携で苦境を打開しようとしている。伊藤智人店長は「地域連携こそが街の回遊性を高め、消費者にリアルの買い物の楽しさをアピールできる」と力を込める。

――新型コロナで厳しい状況ながら、新たな試みを相次いで打ち出していま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1569文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン