/

東海道線の大船―藤沢に新駅 2032年にも開業

新駅は橋上駅とし、自由通路で南北を結ぶ計画(イメージ、神奈川県提供)

JR東日本と神奈川県、同県藤沢市、鎌倉市は8日、JR東海道線の藤沢―大船駅間に新駅「村岡新駅」(仮称、藤沢市)を設けると発表した。都市計画や詳細設計などの手続きに着手し、開業は早くて2032年ごろとなる見通しだ。両市は新駅近くにある鉄道施設の跡地などを再開発し、新たなまちづくりに着手する。

4者が同日、新駅の場所や事業費の負担割合などを定めた覚書を交わし、新駅の設置が正式決定した。21年度の都市計画決定を目指し、詳細設計に着手する。JR東海道線や貨物線を運行しながらの工事となるため、工事だけで少なくとも8年ほどかかるとみられる。武田薬品工業の研究拠点などを生かしたヘルスケア関連のまちづくりや周辺住民の利便性向上を目指す県や両市などが新駅設置を要請していた。

JR東日本の照井英之横浜支社長は新駅の設置について「まちづくりの促進やにぎわいの創出につながることを期待している」とあいさつ。神奈川県の黒岩祐治知事は「これまでの取り組みが結実した。ヘルスケア・イノベーションの最先端拠点としてのまちづくりが加速する」と述べた。

新駅の予定地は藤沢駅(同市)から約2キロ、大船駅(鎌倉市)から約2.6キロ離れたほぼ中間地点となる。概略設計によると、新駅はホームの上階部分に駅舎を設けた橋上駅となる。駅舎の敷地面積は約880平方メートルで、藤沢市や鎌倉市は駅の設置に合わせ南北自由通路や、鎌倉市の深沢地区に至る「シンボル道路」などを整備する。

県によると、新駅の事業費の概算は約150億円で、内訳は建設費133億円、駅設置に伴うシステム改修費11億円など。事業費は県が30%、藤沢、鎌倉両市が27.5%ずつ、JR東が15%負担する。新駅設置では要望する自治体が費用を全額負担するケースが多いが、村岡新駅はJR東も一部を負担する方式とする。京葉線で建設中の幕張新駅(千葉市)と同様の開発手法で、神奈川県内では16年開業の南武線小田栄駅(川崎市川崎区)に続く2例目となる。

乗降客数の想定は1日6万5千人と、JR横須賀線の保土ケ谷駅(横浜市保土ケ谷区、同6万8千人)と同様の規模となる見通し。3万5千人が周辺の駅から新駅の利用に切り替え、まちづくりで3万人が新たな利用客となることが期待されるという。

藤沢市と鎌倉市は1985年に廃止された国鉄湘南貨物駅跡地の村岡地区(藤沢市、8.6ヘクタール)と、近隣で2006年に廃止されたJR東の鎌倉総合車両センター跡地の深沢地区(鎌倉市、31.1ヘクタール)を再開発する計画だ。両市を隔てる柏尾川に新たな橋を架け、一体的なまちづくりを進める。

藤沢市は新駅ができる村岡地区に駅前立地を生かした交通広場などを整備。鎌倉市は面積の大きい深沢地区に市庁舎を移転したり住宅地を整備したりし、鎌倉駅周辺、大船駅周辺に続く鎌倉市第3の拠点と位置づける。

村岡新駅は湘南貨物駅の廃止直後から地元が要請してきた。18年に県と両市が基本合意を締結し、設置協議会を設けて準備を進めてきた。一方で新駅設置には反対意見も一部であり、県は「様々な意見があると承知している。県民・市民の声を生かしながら、新たな拠点を形成したい」(交通企画課)としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン