/

この記事は会員限定です

慶大先端研20年、大学院生が地域課題解決へ 山形・鶴岡

[有料会員限定]

山形県鶴岡市の慶大先端生命科学研究所が4月で開設20年となる。地元自治体がこれまで200億円近くを投じた異色の組織からは、新素材のスパイバーなど大学発スタートアップが誕生。30歳前後の人口流入につながり、企業も事業のヒントを得ようと社会人大学院生の派遣を始めるなど活動が広がっている。

「子どもの発想力に驚いた。教育の重要性が確信に変わった」と日本ユニシスから派遣された五十嵐巳玲一(みらい)さんは語る。2日まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン