/

この記事は会員限定です

川崎市、京浜工業地帯の活性化促進 設備投資に補助金

[有料会員限定]

川崎市は臨海部にある京浜工業地帯の活性化を促進する。新たに設備投資をする製造業に補助金を支給するほか、通勤者の利便性を高めるためにバス網を整備する。高度成長を支えてきた臨海部の工業地帯では施設の老朽化が進んでいる。工場の規模縮小、移転に歯止めをかけることで税収の確保につなげる。

臨海部の工業地帯は約2800ヘクタールの広さがあり、鉄鋼、石油、エネルギー、物流など約2300の事業所がある。臨海部の事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン