/

燃料電池車の普及啓発で協定 長野の官民

長野県企業局とオリオン機械(長野県須坂市)、長野トヨタ自動車(長野市)などユーグループは5日、県内の燃料電池車(FCV)の普及啓発に関する協定を締結した。

共同で燃料電池車の普及を目指す(5日、長野県庁)

協定に先立ち、オリオン機械とユーグループはFCVを自社に導入した。両者が保有する車両は、県企業局が運営する「川中島水素ステーション」で、無償で水素の供給を受けられる。

県などがFCVを普及啓発するイベントを開催するときは、両者は自社が保有する車両を展示するなど、普及啓発に協力する。両者も自主的にFCVの普及啓発活動を実施する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン