/

この記事は会員限定です

武蔵野銀行頭取「コロナ禍で人材確保・M&Aニーズ拡大」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの収束が見えず、景気の先行きは不透明感が強い。地域経済への影響も尾を引きそうだ。コロナ禍で地元企業が抱える課題や地銀再編論議について、武蔵野銀行の長堀和正頭取に聞いた。

――足元で取引先が求めるものは何ですか。

「緊急事態宣言が再度発令されるなかで、特に売り上げ拡大へ販売先の紹介ニーズが高い。次のステージに向けて管理職など人材確保を要望する経営者も多い」

――2020年10月に人材紹介サー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り909文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン