/

知事会長、インド型対策の強化を 経財相と協議

知事会の飯泉会長(左上)は西村経財相(左下)とオンライン協議した(4日)

全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は4日、新型コロナウイルスについて西村康稔経済財政・再生相とオンライン協議し、インド型変異ウイルスの検査拡充支援や入国者に関する迅速な情報提供を求めた。西村氏は「インド型への監視体制を強化している。厚生労働省とも連携して対応していきたい」と応じた。

飯泉氏は感染力が強いとされるインド型に関し「多くの知事から危惧する声が出ている」と訴えた。

緊急事態宣言に準じる「まん延防止等重点措置」にも言及。知事が国に適用を要請した場合、速やかに対応することも改めて要望した。西村氏は「知事と連携し、必要な時に機動的にできるようにしたい」と述べた。 

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン