/

この記事は会員限定です

埼玉県内の飲食・宿泊業 宣言延長方針で「キャンセル相次ぐ」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が2週間延長される方針を受け、埼玉県内の飲食・宿泊業者は一定の理解を示しつつも、延長による影響が早くも出始めて困惑している。

旅館「ゆの宿和どう」(秩父市)は宣言延長方針の報道を受け「ここ2日間でキャンセルが30件ほどあった」という。同旅館では7日の宣言解除を見越して予約が入っていたが、県外を中心にキャンセルが目立った。宿泊日の5日前から前日までにキャンセルする場合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン