/

この記事は会員限定です

新潟のコメ農家、育苗施設の活用拡大 キノコなど栽培 

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍による外食需要の急減でコメの卸値が低調となるなど、農家にとって厳しい状況が続く。そんな中、収入増加につなげようとイネの苗を育てる育苗施設でキノコや果物などを栽培する取り組みが広がってきた。遊休地を活用し経営安定化を目指す。

育苗施設は田植え前の4~5月に使うが、それ以外の夏から冬の間は遊休地となる。近年、コメのみでは経営が安定しないとして施設を園芸作物に活用する農家は増えている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン