/

1都3県知事、営業時間「午後8時まで」で合意

1都3県は午後8時以降の外出自粛の要請など「緊急事態行動」をまとめた

首都圏1都3県の知事は4日、テレビ会議を開き、緊急事態宣言の再発令を見据えた「緊急事態行動」をまとめた。飲食店などでの酒類の提供を午後7時まで、営業時間を午後8時までとし、事業者に営業時間短縮を要請することで合意。首都圏が足並みをそろえて時短を強化し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ。

酒類を提供する飲食店などに対しては8日から午後8時までに閉店するよう要請し、12日からは飲食店全般に広げる。期間は1月末までで、住民には午後8時以降の不要不急の外出自粛を求める。会議の進行役を務めた東京都の小池百合子知事は「1都3県の力を合わせる」と足並みをそろえて人の流れを抑えていくことを強調した。

このほか全てのイルミネーションの早めの消灯を要請する。テレワークの実施率の目標を各都県で定め、企業に対策の徹底を呼びかける。感染拡大の大きな要因となっている「会食」の自粛も引き続き求めていく。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン