/

この記事は会員限定です

震災10年まで1カ月 コロナ下の追悼式に自治体苦慮

[有料会員限定]

東日本大震災から10年の節目となる3月11日まで約1カ月。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で多くの自治体が追悼式を取りやめたが、節目となる今年は感染を防ぎながらの開催を模索。他の震災関連の行事も「新しい様式」での実施に向けて工夫を凝らす。

宮城県内では2020年、東松島市を除く全市町村が追悼式典を取りやめた。塩釜市は今年は式典を開催する予定だが例年500人の参加者を100人程度まで減らし、時間も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン