/

この記事は会員限定です

年末年始の人出、大幅減 三が日の初詣客9割減も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、初詣や初売りなど北関東の年末年始の人出も大幅に減少した。宇都宮二荒山神社(宇都宮市)では三が日の参拝客が2020年比1割に激減。例年なら福袋を求める買い物客でごった返す百貨店も事前予約制の導入などで静かな初売りを迎えた。

鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)では昨年に70万人程度だった三が日の参拝客数が14万5000人程度と8割減った。三が日中は楼門の近くに体温を測るサー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り770文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン