/

この記事は会員限定です

埼玉で野鳥の鳥インフル陽性確定 県が警戒呼びかけ

[有料会員限定]

埼玉県内で昨年12月末に見つかった鳥インフルエンザの疑いのある野生のフクロウの死骸について、県は遺伝子検査の結果、陽性が確定したと発表した。農業・食品産業技術総合研究機構による遺伝子検査で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。

県は死骸が発見された半径3㌔圏内の養鶏農家に立ち入り検査を実施。現在のところ養鶏場での感染は確...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン