/

この記事は会員限定です

茨城県、鳥インフル対策増員 緊急事態は「解除不可能」

[有料会員限定]

茨城県の大井川和彦知事は4日、城里町の大規模農家で発生した鳥インフルエンザの防疫体制を増強すると発表した。土日に集中して増員し「できれば7日に殺処分を終えたい」と述べた。新型コロナウイルスの感染拡大で発令した県独自の緊急事態宣言については「7日で解除するのは不可能」と語った。

鳥インフル対策では自衛隊のほか農業団体や建設業協会、消防団にも協力を要請し、殺処分にあたる土日の人員を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン