/

この記事は会員限定です

都内自治体、AIで業務効率化 税務・児相・詐欺防止にも

[有料会員限定]

東京都内の自治体が業務に人工知能(AI)を相次ぎ活用している。税金の計算や文書のデジタル化などに加え、児童相談行政や特殊詐欺防止にも活用例が出てきた。正確性や迅速性が求められる仕事で人手を補完し、業務全体の効率化を目指す。

練馬区は住民税の税額計算でAIの活用を本格的に始める。税額の計算で誤りを見つけたり、修正したりするにはベテラン職員のノウハウが不可欠だという。同区は2019年からノウハウを学習...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り690文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン